この地球温暖化時代に暑い夏を快適に乗り切るには

毎年夏場を迎えると暑さ対策には困るものです

木造住宅の場合、昔は湿式工法と呼ばれる竹で編んだ木舞という下地の上に土壁を塗って壁を仕上げていました。ところが住宅需要の増大から工事を工期内に間に合わせるために乾式工法と呼ばれる水を使わない方法が主流になって行きました。この方法は水を一切使わない乾式と呼ばれる方法で、その代わりに石膏ボードや釘、断熱材を使い、外部にはサイジングなどの仕上げ材を貼って仕上げるように変わって行きました。当時断熱材の効果についてはまだ知識も行き渡っていなかったと見え、これが壁や天井裏、小屋裏に十分に充填されないケースもあったと思われます。

断熱・気密性の重要性について

最近やっと省エネの意味やそのあり方が少しずつ理解されて来ました。断熱材は寒冷地においては生死にかかわるぐらい重要性を持っています。そして断熱材とともに防音性にも関係して来ます。熱の出入りは窓の部分からの比率が高いものです。窓サッシと壁の隙間などあれば、ここから熱が多く出入りすることになります。これを2重サッシにしたり、ペアガラスにする、あるいはアルミ製でなく樹脂製のものにするということも行われています。

さらに省エネに配慮した住まい方をするには

そしてさらに省エネに配慮した住まい方をするには方法もあります。長い年月の間には住宅の劣化も進み屋根や外壁面も傷んで来るものです。外壁にクラックが入ったり、タイルの浮きや剥がれが見えたらそろそろリフォームを行う時期が来たと判断して良いものです。最近は外壁リフォームをする際には外壁と共に屋根も同時に遮熱塗装とか断熱塗装と呼ばれる塗装方法で行うことで快適な夏を過ごせるようになって来ています。防水の役目も果たせ長期間にわたって夏場の室内温度の上昇を抑える効果を持ちます。一般に今までの室内温度に比べて4度Cほど下がるといわれ、エアコンをつけたとしても冷房負荷が下がり、電気代の節約になるものです。よってこれは熱中症の予防にもなるものです。

外壁塗装の相場を把握している人はあまりいないでしょう。家の大きさや塗装の材料などで金額は異なりますが、第一に信頼できる業者選びが必要となるでしょう。