サラリーマンもフリーランスも知っておきたい確定申告の知識

確定申告とはそもそも何?

確定申告とは1年間(1月1日から12月31日)に得た所得を確定させて税金を申告することをいいます。毎年2月から3月に掛けて申請がスタートします。確定申告の対象となっている方が申告を怠った場合、無申告加算税や延滞税が課せられることがあり、故意に申告書を提出しなかった場合には「ほ税」という重大な犯罪に問われる可能性があります。ご自身が確定申告をすべきかチェックして、きちんと期限内に申告を済ますようにしましょう。

サラリーマンの方も対象になる確定申告

次に当てはまる方は確定申告を行う必要があります。まず給与所得がある方。次に公的年金などの雑所得が400万円以上ある方。最後に源泉徴収されていない退職金の所得がある方です。サラリーマンの方は基本的に企業側が源泉徴収によって対応してくれますが、医療費が年間10万円を超えた場合、住宅ローンを組んだ場合、寄付金をした場合には確定申告をすると税金還付を受けることができます。全てに当てはまらない場合でも住民税を申告する必要があります。

ポイントサイトで貯めたお小遣いも確定申告が必要?

ポイントサイトで貯めたお小遣いは確定申告をして納税をする必要があるのでしょうか。答えはYesです。サラリーマンなどで給与所得がある方は20万円以上のお小遣いがある場合は所得として申告します。無職で他に収入がない方は38万円以上のお小遣いがある場合は所得として申告する必要があります。ポイントサイトで得る所得というのはポイントを現金や商品券、ギフトカードに交換した金額をいい、交換前のポイントは計上する必要はありません。

確定申告とは得た収入に経費等を引いて確定させた金額に対して税金を払うことで、自営業やサラリーマンでも高額の収入がある人などが対象となっています。